資金調達の種類と起こりやすいトラブルを大公開!

>

トラブルになりやすい経営スタイルとは?

この記事をシェアする

人格は経営に出るって本当?

無用なトラブルを起こさない為にもNG経営について学んでいきましょう。いくら起業へのハードルが低くなったとはいえ、誰でも事業を成功させられる訳ではありません。自分の会社という責任を持たずにいると事業は失敗しますし、それに対する打開策を見つけるのも困難です。

日頃から「責任を取りたがらない」「部下やスタッフなど下の人間から人望が無い」タイプは注意が必要です。これらのタイプは必ずしもトラブルを起こす訳ではありませんが、金銭トラブルになりやすい傾向にあります。

心配な場合は責任者を複数立てて、常に意思疎通を行いながら経営に繰り出すと良いでしょう。複数責任者がいると新しい意見が生まれ、凝り固まった考えになるのを防いでくれます。

もし資金繰りが悪くなってしまったら?

うまく事業展開したと思ったら資金繰りがうまくいかず、このままでは事業を続けられない。資金繰りの悪化は初めて、ベテラン共に大きな脅威になります。そう簡単に防げるものでは無く、事前に対策を練って回避するしか方法はありません。

仮に資金繰りが悪くなってしまった場合には借入れよりも融資がベストです。融資は返済の必要が無いのでリスクが低く、事業を立て直すにぴったりです。近年は補助金・助成金を使って資金繰りを立て直す方も多くいます。

個人事業主であれば小規模事業者持続化補助金・創業補助金がおすすめです。事前申込み、審査が必要なので資金調達時に困っていなくても申請しておくと良いでしょう。不明点はまず自治体へ相談して下さい。


トップへもどる