資金調達の種類と起こりやすいトラブルを大公開!

>

資金調達で起こりやすいトラブルとは?

この記事をシェアする

資金調達で起こりやすいトラブルとは?

資金調達をする際に起こりやすいトラブルと言えば返済の滞りです。特に知人や友人から借入れをする場合、曖昧な口約束だけで行うのはトラブルの元です。人間関係が壊れやすい原因なので小額でも借入れしたら、書面を交わして下さい。

借入れをした際に返済プランをしっかり決めない事もトラブルに繋がりやすいので要注意です。事業展開をしながら返済をしていくので、無理の無いプランで返済していくのがベストです。小額ずつでも確実に返済していけばブラックリストに載る事もありませんし、完済すれば社会的な信頼を得られます。

特に初めて資金調達をする場合は実績が無いので小額しか借入れ・融資されないケースもあるので、相場よりも小額で考えておくとトラブル回避出来ます。

必ずしも自分で解決する必要は無い

せっかく借入れ・融資を受けようとしたのに、うまくいかない。あるいはトラブルが生じてしまった。そんな時は必ずしも自社(自分)で解決する必要は無く、専門家や他の企業にヘルプを求めて下さい。特に返済の問題になると時間が経てば経つほど状況が悪くなってしまう可能性があります。

金銭トラブルや自社の問題を外部に相談するのは気が引けるかもしれませんが、日頃から信頼出来るパートナー企業と連携を取っておくのがベストです。

ローンに関してはローン会社へ、またはファイナンシャルプランナーに相談するのも良いです。国民生活センターや消費者センターでも話を聞いてくれるので、状況に合わせて相談をして下さい。1回につき5000円ほどの費用が発生しますが、しっかりと相談に乗ってくれます。


トップへもどる