初めての資金調達で起きうるトラブル

資金調達の種類と起こりやすいトラブルを大公開!

資金調達の種類とは?

国内で働き方が柔軟になってから、サラリーマンに縛られる事はなくなりました。世界的に見てもフリーランスは年々増えていて、アメリカでは人口の3割はフリーランスとして働いている様です。国内はまだその水準には達していませんが1割はフリーランスとされていて、今後は更に増えていくと予想されています。

そんな働き方の多様化ですが、事業展開をするのは簡単ではありません。まず事業展開をする場合、少なからず資金が必要です。自宅をオフィスにする、あるいはノマドスタイルで事業展開をする場合は別ですがある程度の資金調達をしなければなりません。その際に自己資金だけで起業するのも良いですが、ほとんどの場合は外部から資金調達を行います。

この資金調達が事業展開の一番の壁と言われていて、挫折する理由にもなっています。単純に「借入れや融資を受ければ良い」と思うかも知れませんが、これらは誰でも受けられる訳ではありません。一定の実績が必要であったり、厳しい審査を受けなければならなかったりします。とはいっても自分に合ったやり方や長期的なスパンで物事を考えていけば、さほど大きなリスクにはなりません。

ここでは事業主が初めて資金調達をする際に、起こりやすいトラブルや事象について公開しています。これから資金調達をされる方はもちろんですがうまく資金を集められない、あるいはもっと効率の良い方法は無いか模索している方にぴったりの情報となります。

年々増える事業主

資金調達にはいくつか種類があります。借入れ・融資の他にもエンジェル投資家やクラウドファンディングがあります。 これらのメリット・デメリットを知り、自社にあった資金調達を模索して下さい。用途によって手法を切り替えるのも有効な手段と言えるでしょう。

資金調達で起こりやすいトラブルとは?

せっかく資金調達をしたのにトラブルが生じてしまった。トラブルになりやすい状況や事例を知っていれば、事前に回避が出来ます。 資金調達の際に起こりやすいトラブル、実際にあったトラブルを公開しています。自社で起きたと仮定してどう対処すべきか日頃から考えておくと良いでしょう。

トラブルになりやすい経営スタイルとは?

せっかくうまく資金調達が出来たのに、別のところでトラブルが生じてしまっては意味がありません。 資金繰りの悪化は経営全体に悪影響を及ぼすだけでは無く、従業員のモチベーション低下にも繋がります。今日から出来る事業主が気をつけるポイントをお教えします。

おすすめリンク

煙突の歴史を見てみよう

煙突にも歴史がある?実は意外な歴史をたどっている煙突について、その魅力をたっぷりご紹介。

電動ハンドリフトはどこで買う?

仕事を効率よく片付けるのになくてはならない電動ハンドリフト。品揃え抜群の販売店をご紹介。

注意!中古コピー機のデメリットとは?

お得に購入できる中古コピー機のデメリットとも言える部分を知っておきましょう。注意を忘れずに!

1人からでも始められるオフィスレイアウト

専門家に頼むのも良いが自分で楽しむオフィスレイアウト法もあります。1人でもできる方法をご紹介します。

トップへもどる